コラム

化粧品のパッケージを作る上で重要なポイントや事例を解説

コラム

 

化粧品のパッケージを考える時は、「商品の魅力が十分に伝わるかどうか」を重視しましょう。

どんなに素晴らしい化粧品も、お客さんに「使ってみたい」と思わせられなければ意味がありません。パッケージデザインも妥協せず、商品の魅力が伝わるデザインを作成しましょう。

 

本記事では、化粧品のパッケージを作る上で重要なポイント、さらには化粧箱屋ドットコムが手掛けたデザインの事例を簡単にご紹介します。

 

化粧品のイメージを適切にデザインに落とし込めば、たくさんのお客さんの目に留まりやすくなるでしょう。

 

・化粧品のパッケージを作る上で重要なポイント         

 

化粧品のパッケージを「何となく」で作ってしまうと、お客さんの心をつかめません。パッケージデザインは、販促ツールの一つ。しっかり作戦を練って、化粧品が魅力的に見えるデザインを考える必要があるのです。

 

化粧品のパッケージを作る上で、重要なポイントを見ていきましょう。

 

化粧品のコンセプトを明確にする

 

コンセプトとは、化粧品のテーマと言い換えて構いません。

 

  • 化粧品を世に送り出す意味
  • 化粧品が使われるシーン
  • 化粧品を使うことによってどのような変化・感情を与えたいか

 

商品について、さまざまな角度から深堀りしてみましょう。浮かんできた言葉をメモしていけば、化粧品の方向性・化粧品に盛り込みたい価値が見えてくるはずです。

化粧品のコンセプトが明確化すれば、パッケージデザインがブレたり統一性がなくなったりしにくくなるでしょう。

 

化粧品のターゲットを絞る             

 

化粧品のコンセプトが決まったら、ターゲットを絞ります。

同じように「化粧品が欲しい」という人でも、年代・家庭の状況等によってニーズはさまざま。ターゲットを広くし過ぎると、どの層にも刺さりません。明確化したコンセプトに合うペルソナを想定し、その層を「ターゲット」と決めましょう。

 

「20代のプチプラコスメ愛好者」「30代の子育てママ」「40代でアンチエイジングに興味がある女性」……、ターゲットを具体化しておけば、パッケージデザインのイメージを決めやすくなります。

 

コンセプト・ターゲットに合うデザインを考える 

 

化粧品のコンセプトやターゲットが決まったら、イメージに合う色や素材・コピーを考えましょう。

例えば「ナチュラルさ」「肌への優しさ」が化粧品のコンセプトなら、作り込み過ぎないデザインでナチュラル感を演出してもよいでしょう。

 

年代に合わせてデザインの傾向をポップに寄せたりシンプルに見せたりすれば、訴求力の高いパッケージが完成します。

 

箱の形状も重要なポイント

 

化粧品を入れる化粧箱の形状は、化粧品の保護・見た目の印象に影響します。

例えば、重量のある化粧水や乳液等を入れる際は「地獄底」の化粧箱が選択されることがほとんどです。底の作りがしっかりしていて、ボトルを入れても底抜けの心配がありません。ボトル用の箱は縦長で直線的なラインが美しく、並べて置いても見栄えがします。

 

一方、サンプルキット等の小さく軽量なアイテムは、「キャラメル箱」「N式箱」などに入れてもよいでしょう。フタと身箱が一体化している形状は、プレゼントのような特別感を演出できます。

 

競合他社と似ないよう注意             

 

コンセプトやターゲットが近い製品は、パッケージデザインも似てしまいがちです。似たようなデザインで訴求力を落とさないよう、事前に競合調査を行いましょう。

ネットや店舗を徘徊して似たデザインがあった場合は、変更するのがベターです。お客さんが手に取ったとき「見たことのあるパッケージだな」と思われないよう注意しましょう。

 

・化粧品のパッケージ制作は化粧箱屋ドットコムにお任せ       

化粧品のパッケージデザインに悩んだら、化粧箱作成を専門に行う「化粧箱屋ドットコム」にご相談ください。お求めのニーズにマッチしたパッケージデザイン・製品をご提供します。

 

化粧箱屋ドットコムに依頼するメリットを見ていきましょう。

 

豊富な実績             

 

化粧箱屋ドットコムは、2004年にスタートした化粧箱専門の企業です。これまで取引させていただいた企業は800社にも上り、パッケージデザイン・化粧箱制作には十分なノウハウがあります。

化粧品のイメージ・特徴を聞かせていただければ、お客様のニーズにマッチしたパッケージデザインをご提案いたします。

 

化粧品サイズにぴったりな化粧箱を制作   

 

「化粧箱をオーダーメイドするなんて」とためらう方も少なくありません。しかし、化粧品の品質を維持する上で、「ちょうどよいサイズの化粧箱」は必須です。輸送中の破損が起こりにくく、品質維持に貢献します。

 

組み立てやすさや利便性にも配慮しているため、オーダーメイドの良さを実感していただけるでしょう。

 

化粧品の魅力が生きるパッケージデザインをご提案

 

化粧箱屋ドットコムなら、素材から加工方法まで多彩なバリエーションがそろっています。「化粧品の箱にオリジナリティを持たせたい」という方も、ぜひ安心してお任せください。

 

箱の形状・デザインについてより詳細を知りたい方には、送料のみご負担でサンプルをお送りしています。興味を持たれましたら、ぜひご連絡ください。

 

https://business.form-mailer.jp/fms/00f55862122247

 

・化粧箱屋ドットコムで作成できる化粧品の箱の特徴

 

「化粧箱屋ドットコムではどんな化粧品の箱が作れるのだろう……」このように気になるお客様もおられるかもしれません。

 

そこでここからは、化粧箱屋ドットコムで制作した化粧品用化粧箱の一例をご紹介します。

 

特殊な箔押し加工の化粧箱             

 

高級白板紙に金銀の箔押し加工を施した、高級感のある化粧箱です。ツヤあり・マットの質感が混ざっているので、デザインが単調になりません。立体感・高級感が出て、見る人を惹きつけるデザインとなります。

 

化粧箱屋ドットコムでは、一つの箔型で異なる二つの質感の箔押し加工が可能です。複雑な絵柄でも一つの版・1度の圧着で加工できるので、ぜひご相談ください。

 

パール紙を使った化粧箱   

 

パールのように上品な光沢を持つ「パール紙」を素材とした化粧箱です。カラーバリエーションが多彩なため、化粧品のイメージをそのままデザインに落とし込めます。

紙は薄く強度はありませんが、クリームやミニサイズの化粧品には最適です。

 

化粧品の箱パッケージによく利用される紙を使用したサンプルを作成しました。

 

【まとめ】

パッケージデザイン・化粧品用の紙箱のご相談はお気軽に!             

 

パッケージデザインを決めかねている方や化粧品用の紙箱に迷っている方は、化粧箱屋ドットコムまでお気軽にご相談ください。

丁寧なヒアリングと豊富な実績・ノウハウから、お客様のご希望に合うパッケージデザイン・紙箱の素材・形状をご提案します。

 

また、「どんな化粧箱があるのか見てみたい」という方には、送料のみで化粧箱20点入りのサンプルをご提供しています。お見積もりのご相談と併せて、お気軽にご利用ください。

自社の化粧品にふさわしいパッケージデザインで、商品の魅力を余すところなく伝えましょう。

 

https://www.komagata.co.jp/contact/

(C) 2022 komagata inc. All Rights Reserved.

「当サイトの内容、テキスト、画像などは転載禁止です。」

化粧箱のお見積りは
下記よりお問合せください

化粧箱の『デザインデータ』『図面データ』『撮影データ』『手描きイメージ』などの添付もOKです!

tel.0120-812-850 受付時間 平日9:00〜17:00/fax.025-375-8335

お見積りはこちら
お電話
お問合せ