コラム

化粧箱のパッケージデザインに大切なポイントを解説!

コラム

パッケージデザインに大切なポイント

 

化粧箱のパッケージデザインは、商品の印象を左右する重要な要素のひとつです。商品の魅力を伝え、1人でも多くの人に手に取ってもらえる化粧箱に仕上げるためには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

 

この記事では、化粧箱のパッケージデザインで大切なポイントや、デザイン入りの化粧箱制作を依頼する際の流れなどを紹介します。

 

化粧箱のパッケージデザインで大切なポイントとは

 

商品を入れる化粧箱は、重要なマーケティングツールのひとつです。「こんなものだろう」と安易に制作するのではなく、販促につながるデザインを選択する必要があります。

 

化粧箱のパッケージデザインで、重視すべきポイントを見ていきましょう。

 

商品の情報を伝えること   

 

パッケージは「その商品がどのようなものなのか」を伝える役割があります。顧客が瞬時に商品を把握できるよう、端的な言葉・ストレートなイラストなどで商品を紹介しましょう。

 

特定の目当てを持たない顧客は、棚全体をざっと見渡します。1商品に目をやる時間は数秒しかなく、ここで興味を惹かなければ手に取ってもらえません。

わずかな時間でも「商品名」「商品の特徴」が伝わるデザインを選択しましょう。

 

商品に付加価値を与えられること 

 

食品なら「おいしそう」、化粧品なら「きれいになれそう」、などと思わせられるパッケージデザインは、商品の魅力をより強めます。購買意欲を刺激される顧客が増え、いわゆる「パケ買い」が起こりやすくなるでしょう。

 

中身がほぼ同じような商品が並んでいた場合、売れ行きがよいのはアピール力の強いパッケージデザインを持つ商品です。魅力的なパッケージデザインは、それだけで顧客の期待・興味を高めます。

 

商品のコンセプトを反映していること       

 

どの商品でも、制作前に「ターゲット顧客」「強みとなるポイント」を決定します。商品デザインには、これらが反映されていなければなりません。

 

パッケージデザインでは、「商品を使ったらどのようなメリットがあるか」「どのような良い体験を得られるか」をしっかりと伝えましょう。

デザインを通じて商品の魅力・強みがターゲットに刺されば、おのずと売上は伸びていくはずです。

 

ブランド資産となり得ること         

 

化粧箱のパッケージには、ブランドイメージとして残せる何かを入れておきましょう。例えば特定の図・文字・マークなどです。

ブランドイメージがアイコンとして浸透すれば、特定の図・文字・マークだけで「あのメーカーだ」と認識してもらえるようになります。

今後の企業展開の方向性が広がり、他社にはない独自の世界観を市場に提供しやすくなるでしょう。

 

 

【デザインデータ入稿】デザイン入りの化粧箱制作を依頼する流れ         

 

化粧箱屋ドットコムは、化粧箱制作を専門とする企業です。パッケージ制作は「デザインあり」「デザインなし」のどちらにも対応しており、お客様のニーズに合わせてデザインをお手伝いいたします。

 

ここからは、「デザインあり」で化粧箱屋ドットコムに依頼された場合の、作業の流れを見ていきましょう。

 

入稿されたデータのチェック

 

お客様が入稿されたデータを化粧箱屋ドットコムでチェックします。「印刷物として問題がないか」「化粧箱として問題はないか」などをプロの目からチェックするとともに、表記内容やデザインのズレ・欠けも確認します。

 

ただし、チェックはごく一般的なレベルまでです。入稿されたデータそのものにミスがあった場合は責任を負いかねますので、入稿前に厳重なチェックをお願いいたします。

 

データの調整         

 

入稿データを必要に応じて修正・調整します。具体的には、のりしろ部分を追加したり、紙マークなど「リサイクルマーク」の表記を行ったりなどです。

 

実際の印刷を想定し、不備のない形に仕上げます。

 

校正           

 

修正や調整を行って、確認いただきたい箇所を記載した簡易校正を出力・送付するフェーズです。お客様ご自身の目で、印刷内容や色味のチェックをお願いします。

 

校正は1回ではなく、必要があれば複数回行うケースも少なくありません。(「特色1C印刷」はPDFファイルでご確認をお願いすることがあります。)

 

校了

 

簡易校正・PDFファイルチェックに問題がなければ、デザインデータの内容は確定となります。

 

 

【デザイン制作込】デザイン入りの化粧箱を依頼する流れ

 

化粧箱屋ドットコムには、専属のデザイナーも在籍していますのでデザイン制作もお任せください。

 

「デザインから任せたい」という場合も、もちろん問題ございません。化粧箱屋ドットコムにデザインから依頼する場合の流れをご紹介いたします。

 

デザインイメージのヒアリング・イメージ共有

 

制作するデザインについて、お客様のご要望をおうかがいします。デザイナーとのやり取りで、求めるイメージを具現化していきましょう。

 

パッケージに盛り込みたい「ロゴマーク」「写真・イラスト」「テキストデータ」をお持ちの場合は、ご提出をお願いします。

また、具体的な素材がない場合は、ラフ画やイメージ画からデザインを作成します。「温かみのあるデザイン」「和柄希望」など、どのようなことでも結構ですので、お気軽にお伝えください。

 

デザイン制作         

 

ヒアリング内容と入稿いただいた素材を元にデザインを作成します。必要があれば、化粧箱屋ドットコムでイラストや写真をご用意することも可能です。デザイン作成はお客様と担当営業が意見をすり合わせながら行うので、方向性が大きくズレる心配はありません。

 

また「完全お任せで」というご要望にもお応えします。デザインテイストの異なるサンプルを数点ご提案しますので、お客様のイメージに合うデザインをお選びください。

 

校正           

簡易校正やPDFでデザインをご確認いただきます。案が複数ある場合は、最も好ましい一案を決定してください。ご要望に合わせ、修正・調整も承ります。

 

校了           

 

デザイン・表記内容がともに確定すれば、校了です。

 

 

【まとめ】

 

デザインを含めた化粧箱のご相談ならお気軽に!     

 

化粧箱のパッケージデザインにこだわれば、パッケージが心強いブランディングツールとなるでしょう。

商品の売上を大きく左右するため、商品の魅力が適切に伝わるデザインを作りましょう。

 

パッケージデザインをどこに依頼しようか迷った方は、化粧箱屋ドットコムにお任せください。800社以上の豊富な実績と専門業者ならではのノウハウを生かし、商品の魅力を最大限引き出すパッケージデザインをご提案します。

まずは下記まで、お気軽にご相談ください。

 

https://www.komagata.co.jp/contact/

(C) 2022 komagata inc. All Rights Reserved.

「当サイトの内容、テキスト、画像などは転載禁止です。」

化粧箱のお見積りは
下記よりお問合せください

化粧箱の『デザインデータ』『図面データ』『撮影データ』『手描きイメージ』などの添付もOKです!

tel.0120-812-850 受付時間 平日9:00〜17:00/fax.025-375-8335

お見積りはこちら
お電話
お問合せ