箱の材質

合紙(ごうし)「片面ダンボール合紙」「両面板紙合紙」

箱の材質

『合紙』とは、紙と紙を貼り合わせて用紙をつくることです。
表面(箱の外側)に「コート白ボール」や「ファンシーペーパー(タント・レザックなど)」を用い、
裏面(箱の内側)には強度やクッション性
のある紙を用います。
主に「片面ダンボール合紙」と「両面板紙合紙」の2種類があります。
 

 

片面ダンボール合紙

『片面ダンボール合紙』は裏面に「片面ダンボール」を貼り合わせた用紙のことで通常の「ダンボール」と印刷方式が異なります
表面の用紙に「コート白ボール」や「ファンシーペーパー」を用いるため、オフセット印刷が可能です。
4色カラー印刷」「特色印刷のほか、表面処理(ニスやPPなど)」「特殊加工(箔押しやエンボスなど)が可能なため、美粧性の高い化粧箱が製造できます。裏面の材質は、B段(厚さ約3ミリ)」「E段(厚さ約1.5ミリ)」「F段(厚さ約1ミリ)」「G段(厚さ約0.9ミリ)などです。片面ダンボールの色は、通常の茶色や白のほか、赤や青などのカラーライナーを使うことも可能です。「片面ダンボール」の強度やクッション性を得られるため、瓶などのワレモノ、重いものを入れる場合によく使われています。 

使用例:
日本など瓶の化粧箱/缶詰や缶ビールのギフト箱/外付HDDなど小型の精密機器のパッケージ 


※写真:ファンシーペーパーと片面ダンボールの合紙


※写真:片面ダンボール(白)の合紙の例


※写真:カラー片面ダンボール(赤)の合紙

 

 

両面板紙合紙

『両面板紙合紙』は、「コート白ボール」を2枚以上貼り合わせた用紙のことです。「コート白ボール」で1ミリ以上の厚さと強度を出すことが可能です。『片面ダンボール合紙』同様、オフセット印刷や各種加工が可能なため、店頭POPや什器などでよく使われています。表紙に「ファンシーペーパー」を使う場合では、用紙の風合いを生かした化粧箱の製造が可能なため、日本酒の化粧箱などでよく使われています。 

使用例:
日本酒や高級酒の化粧箱/店頭POP・什器/かるたや子ども向け絵本 

化粧箱のお見積りは
下記よりお問合せください

化粧箱の『デザインデータ』『図面データ』『撮影データ』『手描きイメージ』などの添付もOKです!

tel.0120-812-850 受付時間 平日9:00〜17:00/fax.025-375-8335

お見積りはこちら
お電話
お問合せ