2013.11.28

透明の抜型

11月も残りわずかとなりました。

当社も年末らしく忙しくなっております。

この時期は新商品も多くリリースされるため、色々なお引き合いをいただきます。

今日は、その中でも少し変わったものを紹介したいと思います。

どんな商品かはお見せできないのですが、工程の都合で透明の抜型を制作いたしました。

f:id:keshoubako:20131120083054j:plain

実は、最初の試作の段階では、透明部分はベニヤ板だったんです。

ですが、実際に作業してみると生産性が低かったため、抜型屋さんに相談し「じゃあ、こうしよう」ということでできたものです。

ただし、これだけではまだ足りない部分がありまして、他にも工夫するポイントがいくつかあります。

ですが、そこは企業秘密ということで(笑)。

 

 

ちなみに箱のお仕事ではないんですけどね。

 

化粧箱のご用命、ご相談は「化粧箱屋ドットコム」へお願いいたします。