2017.11.10

お客様事例:クラフト紙でナチュラルな雰囲気の化粧箱〜㈱タカラトレーディング様【ヘナ白髪染め化粧箱】

コーヒーや焼き菓子、自然素材を使ったコスメなど

「ナチュラル」や「エコ」、「手づくり」といったコンセプトの商品には、

自然派のイメージを与えてくれるクラフト系の用紙がおすすめです。

手触りも一般的なコート紙と比較すると、ややザラついた風合いで

手に持った時に温もりが感じられるのも素敵です。

今回は白い用紙との印刷比較で、その仕上りイメージをご紹介します!

 

エースボールで自然派イメージの化粧箱

全国で70店以上展開の「MALAIKA(マライカ)」様で販売される、
自然素材の白髪染めのパッケージをお手伝いいたしました。

 

コートボールとクラフト紙の仕上り比較

左の白い紙はコートボール(試し刷り用)、右はエースボール(製品で使用)。たまたま印刷現場で使用していたコートボールの試し刷りを比較用に入手できました。

 

こちらは、化粧箱のデザインはお客様から支給いただき、

用紙はクラフト系のものをご希望ということで、当社では用紙の選定からスタートしました。

クラフト系の用紙には実は様々な種類があります。
その中からオーソドックスなクラフト系の色合いに
細かな古紙の粒感がある『エースボール』をご提案しました。

 

 

クラフト紙の印刷仕上りを比較してみます

 

クラフト紙とコートボールの仕上り比較

左がコートボール。右はクラフト系用紙のエースボール。

ご覧のように、

左のコートボールでは、オレンジ色はくっきりと発色が良く、どちらかといえばシャープな印象に

右のエースボールは、紙色や質感が影響し、柔らかくナチュラルな印象に仕上がりました!

 

今回の印刷は、スミ+特色1色(写真のものはオレンジ)。特色部分はDICにてご指定いただきました。

通常は白い紙に印刷しますので、指定色に合わせ現場でインキを調色するのですが…

今回のような特殊紙では、紙の色の影響を受けて発色が変わってしまい、

指定色でそのまま印刷しても思い通りにはいかないことも。

お客様にはその点を予めご理解いただき、
現場オペレーターと相談し、仕上り重視の調色を行い印刷となりました。

 

 

クラフト系の紙もいろいろあります

 

今回の事例でご提案した「エースボール」以外にもクラフト系の用紙は様々。
カラーバリエーションや、メーカーごとの色の違い、素材感の強弱などがあり、
なかなか奥深いことを実感いたしました。

 

エースボールとクラフト系 色見本

 

当社では、内容物や用途に合った様々な用紙もご提案しています。

もし用紙名がご不明でも、「こんな紙が使いたいんだけど…」とイメージをお伝えいただければ

私どもでいくつかお探ししいたします。

また、印刷の色の仕上りが特に気になる場合も、

本機校正や、立ち会いでのご確認も対応させていただいております。

お気軽にご相談くださいね。

 

 

ご紹介


株式会社タカラトレーディング様
アジア・アフリカ・南北アメリカなど世界各地の手仕事・天然素材の雑貨や衣料品などを

オリジナルでデザインし販売する「MALAIKA(マライカ)」(全国70店舗以上)を運営されています。

今回製造した化粧箱の商品もお客様のオリジナル商品です。

 

www.malaika.co.jp

 

□商品のご紹介□

自然派イメージ クラフト用紙の化粧箱

hujan HERBAL HENNA

古くからボディーアートや髪染めとして使用されてきたヘナ(ミソハギ科の植物)100%の

自然派白髪染め。ハーブ配合やインディゴ入りなど全3種類。

 

《形  状》キャラメル箱

《印刷仕様》エースボール(見山製紙)/オフセット2色印刷(スミ+特色)