箱の形状

ギフト箱(身フタ式)

箱の形状

開けた時に嬉しい形状と言えば、『ギフト箱(身フタ式)』です。

『ギフト箱(身フタ式)』とは、「身箱」に「フタ箱」をかぶせる、いわゆる「ギフト箱」のことでC式箱とも呼ばれます
フタを開けた時に商品全体が目に入ることから、「わっ」という喜びを味わえる形状です
キャラメル箱や地獄底などのB式箱では、商品を引き出すことが必要なため、この感覚は味わえません。
『ギフト箱(身フタ式)』の設計は、フタを持ちあげた時にスポッと抜ける状態では緩すぎるため、
フタと身箱に少し抵抗を感じる程度がオススメです。
「フタを持った時に身箱がゆっくり落ちてくるサイズ感」にするのがポイントです。

主な用途:
お菓子の詰め合わせ/日本酒4合瓶の2本セット箱/タオルギフト/お米ギフト箱/
サラダオイルセット/コーヒーセット/ハムのセットなど

『ギフト箱(身フタ式)』の最大の特徴は、「身箱」と「フタ箱」の材質を変えられることです。
たとえば、「コート白ボールのフタ」+「ダンボールの身箱」にすることで、「印刷入りのフタ」と「丈夫な身箱」という、
見栄えと強度を両立させたギフト箱にできます。

身箱には、縁に厚みを付けた「額縁付き」と「額縁なし」の2種類あります。

「額縁付き」は、主に身箱をダンボールで作る時に使われ、
「日本酒4合瓶の2本セット」「ドレッシング」「海苔のセット」「おせんべい」「おまんじゅう」など、
商品が重い場合や、大きな場合によく見られます。

「額縁無し」は、主に身箱をボール紙で作る時に使われ、タオルや衣類などのように商品が軽く、
出し入れしやすいことが求められる場合にオススメです。
額縁付きよりも高級感が劣るため、気になる場合はカバーを被せたりすると見た目がよくなります。

『ギフト箱(身フタ式)』のデメリットは、「フタ箱」と「身箱」の2つの箱を作るためコストが高くなる点です。
多くのお客様が、セット商品やギフト券など「中に入れる商品が2,000円を超える」場合に『身フタ式』を検討されるようです。
抜型代や組立て工賃のほか、納品後の在庫スペースも必要になるためコストは高くなりますが、
「ギフトにふさわしい」箱になります。

※身箱「額縁なし」

高級白板紙 ギフト箱

父の日用 日本酒ギフト箱

蛍硝子箸置き化粧箱

 

化粧箱のお見積りは
下記よりお問合せください

化粧箱の『デザインデータ』『図面データ』『撮影データ』『手描きイメージ』などの添付もOKです!

tel.0120-812-850 受付時間 平日9:00〜17:00/fax.025-375-8335

お見積りはこちら
お電話
お問合せ