コラム

化粧箱の既製品とオーダーメイド。選ぶ基準、メリット、デメリットについて。

コラム

化粧箱には「既製品」と「オーダーメイド品」があります。それぞれ選ぶ基準やメリット、デメリットについてご紹介いたします。

 

既製品とオーダーメイド品を選ぶ基準

予算

 予算が5万円以下の場合は、既製品がおすすめです。オーダーメイド品は、無地箱でも抜型代に最低1~2万円程度はかかります。

発注ロット

 1回の発注ロットが500枚以下の場合は、既製品がおすすめです。既製品は、1ロット50枚程度から販売されています。

「主な化粧箱の既製品サイト」

化粧箱ネット

横井パッケージ

シモジマ

 

オリジナルデザインやジャストサイズの箱を作りたい場合

 オリジナルデザインの箱を作りたい人は、オーダーメイド品がおすすめです。デザインは、以下のサイトで依頼できます。

ランサーズ

coconala

CrowdWorks

 上記のサイトで、デザインを依頼することが可能です。箱のサイズが決まっていなくても、おおよそのサイズ指示をだせば、デザイナーさんの方で対応してくれます。初めにデザインを進めて、あとで箱の設計に合わせて調整していくというパターンが多いようです。

※色んなパッケージデザインを見たい人はピンタレストがおすすめです。

「パッケージデザイン」といったキーワードで検索すると色んなパッケージデザインを楽しめます。

ピンタレスト

 

既製品のメリットとデメリット

メリット

 ・少ないロット(50枚程度)で発注できます。

 ・在庫があれば、大体1週間以内に購入できます。

デメリット

 ・デザインが差別化できません。

 ・ちょうどいいサイズが無い場合もあります。

 

 既製品の箱でいうと、当社では日本酒の箱を取り扱っています。日本酒の瓶のサイズは、大体決まっていますので、既製品が使いやすい商品です。

 

オーダーメイド品のメリットとデメリット

メリット

 ・デザイン、サイズ、形状、材質を自由に選べます。

デメリット

 ・既製品と比べると総額(製版代、抜型代、箱代など)が高くなります。5万円以下の予算では既製品がお得です。

 オーダーメイド品は、デザインや形状設計などサンプルのやり取りから始めるため、そうした打ち合わせ期間を含めると、納品まで1~2か月程度の期間が必要です。すでに、デザインデータができており、材質などの仕様が決まっていれば、2週間程度で完成します。

 既製品の箱で差別化したい場合は、箱にシールを貼ったり、包装紙を利用する方法もあります。既製品を組み合わせてオリジナル感を出すのも立派なオーダーメイドのパッケージと言えると思います。

 

投稿者:駒形 和彦

化粧箱のお見積りは
下記よりお問合せください

化粧箱の『デザインデータ』『図面データ』『撮影データ』『手描きイメージ』などの添付もOKです!

tel.0120-812-850 受付時間 平日9:00〜17:00/fax.025-375-8335

お見積りはこちら
お電話
お問合せ