箱の形状

ジッパー付きケース

箱の形状

輸送にも陳列にも使える箱、『ジッパー付きケース』。

『ジッパー付きケース』とは、「キャラメル箱」「地獄底」「ワンタッチ底」の側面などにジッパーをつけた形状のことです。
商品のカートンに利用されることが多く、ジッパーを破り箱の上部を外すことで中身が取り出しやすくなったり、
残りの部分をそのまま店頭に陳列する什器のように使うこともできます。

ジッパー付きの箱を設計する際は、特に紙の「目なり」に注意が必要です。
「目なり」が逆になるとジッパーが破りにくくなったり途中で切れることがあるからです。
しかし、「目なり」を優先すると紙の取り都合が悪くなる場合もあり、コストが上がる原因にもなります。
どうしても「目なり」が逆になる場合はジッパーの形状を工夫するなど、慎重にサンプルを制作します。

主な用途:
小さな箱を店頭に多数まとめて並べたい場合

化粧箱のお見積りは
下記よりお問合せください

化粧箱の『デザインデータ』『図面データ』『撮影データ』『手描きイメージ』などの添付もOKです!

tel.0120-812-850 受付時間 平日9:00〜17:00/fax.025-375-8335

お見積りはこちら
お電話
お問合せ