2017.07.28

お客様事例:〜箔押し・型押し加工〜日本料理 足利伊萬里様【豆茶巾パッケージ】

こちらは栃木県足利市の料亭さんの和菓子「豆茶巾」のパッケージです。

アートディレクションを手がけられたMount 杉村様から、詳細な図面とデザイン、用紙の指定をいただき、

製造のお手伝いをさせていただきました。

 

豆茶巾パッケージ

気包紙に箔押し・型押し・印刷が施されている化粧箱です。

豆茶巾パッケージ

こんな風に和菓子としおりが入っています。

 

 

各シーンを演出する化粧箱デザイン

豆茶巾パッケージ仕掛け

 

 

 

箱を閉じた時は店名の「いまり」と「伊萬里」の型押しロゴしか見えませんが、

箱を開けていくと、「いまり」の文字が「ただきす」「あがとう」の文章になっていく

という面白い演出です。

 

 

さらに、和菓子を食べ進めていくと…

箱の底には「ごちそうさま」の文字。

 

豆茶巾パッケージ 開いた様子

 

商品がお客様に渡った瞬間から食べ終わるまでをイメージして作られたデザインです。

 

 

 

紙の風合を活かす「紙目」にも配慮

なかなか画面では質感をお伝えしきれず残念ですが…

使用した「気包紙」は、紙の繊維がはっきりと見えるため、

ナチュラルな紙の風合いを見せたい時にオススメの用紙です。

カラー印刷よりは、紙の質感を活かすような単色の印刷に向いています。

今回はデザイン上、「いまりのロゴ」や「いただきます」等の

文字を縦に読ませることが重要になる為、紙目も縦方向になるようにし、

材質とデザインに一体感が生まれるよう工夫しました。

 

 

箔押し・型押しの異なる質感で洗練された仕上がりに

正面ロゴは、上品な表現が出来るよう浮き出し加工を行いました。

曲線的で細かい線が特徴のロゴでしたが、1mm程度の太さならはっきりと浮き出すことができます。

 

豆茶巾パッケージ 型押しでロゴを浮き出させています

豆茶巾パッケージ 型押しでロゴを浮き出させています

 

そして、正面の「いまり」の金箔は光沢感が目立つようにツヤのある金箔

裏面の「ごちそうさま」は落ち着きのあるツヤ消しの金箔になっている点もポイントです。

 

ご紹介

—————————————————————————————————————

日本料理 足利伊萬里株式会社様
時代物の器でいただく、旬の食材を生かした懐石料理を堪能できる料亭です。

〒326-0015 栃木県足利市八椚町318-2 TEL 0284(41)1314

https://www.ashikagaimari.jp/

—————————————————————————————————————

「豆茶巾パッケージ」 アートディレクション:杉村洋一【Mount】様

茨城県結城市にて、販促物などの企画・デザインを手がけられています。

メールアドレス:mac.os.g.555@gmail.com

—————————————————————————————————————

 

 

 

 

[担当営業よりひとこと]

「商品が売れるような箱を作ろう」と思うと、ついつい箱の外見に工夫を凝らしてしまいますが、

こちらの箱のように、箱を開けた時に初めて分かる工夫がされていると、

何倍も驚きや喜びがありますね。

納品後にはお客様から「素敵な箱に仕上げていただきありがとうございます。」と

お手紙まで頂戴し、大変嬉しく、また今後の励みとなりました。

これからもお客様に喜ばれるような箱をご提案いたします。

(担当営業:高野)