お見積りについて

お見積りについて
各種ボタン
見積り依頼のコツ
1.使用が細かく分かるほど、コストダウンにつながります

お見積りは、仕様が細かく分かるほど詳細に計算できます。箱の形状・紙の種類・印刷色数・表面処理・箔押し・入稿方法・納品場所・1回の製造ロット・年間の製造ロットなど、これらの仕様に不明な部分が多いほど大まかな計算になり、高めのお見積りになってしまいます。事前にデザインを見せて頂く事で条件の良いお見積りが出るなど、細かな仕様の中にコストダウンのヒントがあるかも知れません。お見積りをご依頼の際は、どんな事でもお知らせ下さい。

2.ロットは3,000枚以上からがお得になります。

製造ロットを少なくして、発注….というニーズは多いのですが、どうしても単価が高くなってしまいます。印刷物はたくさん作るほど単価が下がってゆくものですが、時間とともに劣化もしてしまいます。使い切るのに理想的な、1年程度の使用枚数を考慮し、まとめて製造することもご検討下さい。また、継続的なご注文を頂ける案件につきましては、在庫預かりサービスも行っておりますのでご利用下さい。

お得なロット数図解


お見積りはこちらから!

※お見積りは案件に応じて計算しております。毎回条件が異なるため「価格表」は存在いたしません。お電話での「具体的な価格のお問合せ」には、お答えできませんのでご容赦願います。※例外として次の条件に該当する案件については、お見積りにお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。1.1度のお問合せで、複数のお見積りの場合(色数別、ロット別など)2.特殊な紙や、加工が必要な案件 3.形状が特殊な案件


既製品よりお得なワケ

化粧箱の価格は、1年間の使用枚数でお考え下さい。

一見すると「オーダーメイドの箱 = 高い」と思われている方が多いと思います。確かに50枚や100枚といった単位では、既製品がお得です。しかし、1年間で考えるとどうでしょうか?「使用枚数が年間1000枚以上」「既製品を200枚程度×年間複数回オーダー」と言う場合は、ぜひオーダーメイドをお考えください。初回のオーダーで抜型代が掛かっても、箱の単価はかなり下がる場合がございます。

ロットと価格の関係

ロット500枚で見ると、A社も当社も価格は一緒ですが、同じ価格で箱を作るなら、製品にぴったりな「オーダーメイドの箱」を作ってみてはいかがでしょうか。


お見積りと価格

より詳しい価格を知りたい場合は、見積りをご依頼下さい。

オーダーメイドの印刷紙器はサイズ、紙質、印刷色数や表面処理などによって価格が大きく変わります。目安としては下記のとおりですが、初回ご注文時に「抜型代」と「製版代」を別途頂戴いたしますのでご注意下さい。刷版と抜型の保存期間は最終ご注文日より2年間です。最初にご負担いただく「抜型代」と「製版代」は、2年以内のリピートのご注文では発生しません。2年経過してからのリピートのご注文の場合は、再度「抜型代」と「製版代」がかかる場合がございますのでご了承下さい。
〈オフセット印刷の場合〉
最低ロットは1,000枚からです。それ以下の枚数は1,000枚の場合と価格に大きな変化はありません。経済ロットは2,000~3,000枚程度となります。サイズやロット、印刷仕様や材質によりかなり変動しますので、下記の価格は参考程度とお考え下さい。
〈フレキソ印刷の場合〉
フレキソ印刷(ダンボール印刷)の場合、最低ロットは500枚からです。サイズやロット、印刷仕様や材質によりかなり変動しますので、下記の価格は参考程度とお考え下さい。

オフセット印刷・フレキソ印刷


当社所有型でコストダウン

運が良ければ「抜型代」が不要に。まずはお問い合わせください。

今まで使用後の抜型は、保管期限を過ぎれば廃棄されていました。しかし、当社では「エコロジー」と「お客様の利益」の観点から、保管期限を過ぎた抜型を再利用する取り組みを積極的に行っています。「できるだけコストを抑えたい」そんなお客様はご相談下さい。化粧箱制作でコスト的ネックとなっていた抜型代節約ができ、資源のリサイクルへもつながります。
抜型の保管期間は最後に使用してから2年間とさせていただいております。保管スペースが必要なため、使用しなくなった抜型は産業廃棄物としてきましたが、そうした抜型をリサイクルする事で、お客様の利益につなげられると考えております。